読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キーボードが修理から返ってきた

続、PC用キーボード - alcohorhythmの日記の記事で、PC用のキーボードが調子悪いこと書いた。
それから数日使って、あまりにも我慢できなかったのですぐに輸入代理店であるダイヤテックに修理に出した。
なんと3日で返ってきた。
3日というのは、僕が送った日と返ってきた日が入っているので、実質1日で修理している。
神対応だと思った。


調子が悪かった原因はホコリの混入らしい。
でもそんなにホコリっぽい研究室じゃないと思うし、使ってないときはちゃんとカバーかけてる。
この程度のホコリで不具合発生するなら、キーボードの構造に問題があるんじゃないかと思う。
TECKを作ってるのは海外のメーカーで、ダイヤテックさんは輸入代理店だから何も悪くないのに腰の低い対応してくれてすばらしいと思った。
今後ともよろしくお願いします。


しかしながら、研究室のキーボードを変えるだけでかなり作業効率とモチベーションが上がるからほんとに助かった。