読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GIFアニメを撮影するiOSアプリ「Flamm」リリースした

f:id:alcohorhythm:20140904122528g:plain
App Storeへのリンクは最後にあります。
アニメーションGIFで動画撮影できます。
本当は先月末にリリースしたかったけどAppleと一悶着あって少し遅れました。

App Storeには既にアニメーションGIFを作ることができるアプリはいくつかありますが、このアプリのウリは

  1. シンプルな操作方法
  2. アニメーションに追加できるエフェクトの数の多さ
  3. Twitterへの投稿や外部アプリとの連携

といったところでしょう。
以下に簡単な説明を書いていきます。

シンプルな操作方法

多分使い方とかここに書かなくてもちょっといじったら分かると思います。
App Storeの説明にもちょろっと書いてあります。
とにかくシンプルです。

特筆すべきは、動画の撮影方法がVine風で押し続けている間だけ撮影するというスタイルをとっているということ。
さらにこれは中々他の競合アプリには無いと思うんですけど、シングルタップ(ポンッと一瞬だけタップ)すると写真を1フレームだけ挿入することができます。
GIFが動画ではなく画像を単純に並べたフォーマットであるからこそできる挙動だと思います。

エフェクトの多さ

f:id:alcohorhythm:20140904122901g:plain
f:id:alcohorhythm:20140904122734g:plain
f:id:alcohorhythm:20140904122756g:plain
f:id:alcohorhythm:20140904122824g:plain
今現在の初版で28個のエフェクトを用意していますが、多分次のアップデートで36個に増えます。
まだまだ増やせそうなんでアップデートに期待してほしいところです。
まずは目標50個のエフェクト。

ただし、課金制です!!
200円で全エフェクト使えるようになります。
開発苦労したんで買ってください。
もちろん無料でも十分使えるアプリになってます。

Twitterや外部アプリとの連携

数ヶ月前にTwitter上でアニメーションGIFが再生できるようになったけど、意外と対応アプリが増えていない気がしてました。
なのでFlammでは頑張って対応しました。

さらに、iPhone内のGIFファイルに対応した外部アプリも呼び出すことができます。
f:id:alcohorhythm:20140904123007p:plain
はてなブログもありました。
神か。


という感じのアプリです。
実装可能かどうか定かではありませんが、将来的に追加していきたい機能として、

  • カメラロール内の動画ファイルからGIFを生成
  • 動画ファイルとして出力
  • 絵を描いてGIFにする

などのアイデアがあります。
あと多分今のバージョンは無茶な使い方すると落ちたりするかもしれません。。。
次の版で安定させます。
よろしくお願いします。


以下余談。

グリッチ効果について

このアプリには一応Glitchと謳っているエフェクトが入ってて、例えば上のピカチュウGIFのうちの最後の3つはこのカテゴリーに入ってます。
グリッチGIFといえば、こちらの方のグリッチが最高です。
アニメーションGIFをグリッチさせるGlitch Gifsを作った - razokulover publog
なので僕のアプリ内のGlitchエフェクトをグリッチと呼ぶのなんて恐れ多いくらいなんだけど、でも一応プログラムをわざとバグらせて作ってるんでそういうカテゴリ名を付けました。

アイコンについて

前々から何となくモザイク柄にしたいなあという気持ちがあったんだけど、個人でアプリ開発するにあたって、アイコンを作成するのに極力時間を割きたくないのが本音。
残念ながら僕はイラストレーターなどというハイテクソフトウェアを使いこなすことができない。
しかし幸いにも普段の自身の研究で使ってる画像処理のライブラリが手元にあったので、C++で10分もかからないくらいでランダムな柄のモザイク画像を生成するソース書いてアイコンを作りました。
RGB値を完全にランダムに与えると華やかすぎたので、半分くらい白黒のマスになるように調整してあります。
何となくグリッチ効果を匂わせるような色合いになった気がします。
画像の生成は一瞬なので毎回のアップデートで柄変えると面白いかもしれないけどうざいかもしれない。

アプリ名について

このアプリは"Flamm"と書いて「フラム」と呼ぶ。

実は開発当初は別の名前でプロジェクトを始めてて、リリースするときもこのままでいいかと思ってたんだけど、いざその名前でApp Storeに登録しようとしたら「既に使われている名前です」とか言われて終わった。
それで、新しく名前を考え直すに当たり以下のような条件を作った。

  1. "GIF"という言葉を入れない
  2. 自分の趣味から探すなど、僕にしか思い付かない名前
  3. 再帰的頭字語を使う

まず1に関してだけど、GIFを扱うからGIFを名前に入れるなんて面白くないし、上にも書いた通り今後のアップデートでGIF以外も扱いたいと思っているのでGIFという言葉は入れたくなかった。(App StoreでのサブタイトルはGIFメーカーになってるけど目を潰れ。)

次に2に関して、僕の趣味には映画鑑賞やTVゲームやお酒やラーメンなんかがあるんだけど、なんとなくパッとひらめいたのがドラムの「フラム」というテクニック。
他にも「ドラッグ」とか「パラディドル」とか「ラタマキュー」とか「パタフラフラ」などというテクニックもあるけど、ちょうど歯切れも良い感じなので「フラム」を採用した。

そして何となくだけど前から再帰的頭字語を使った名前ってかっこいいなあという気持ちがあった。
再帰的頭字語 - Wikipedia
ドラムの「フラム」は"Flam"というスペル。
ここから何とかこじつけで再帰的頭字語に持っていきたいなあと思って考えたのがこれ。
"Flamm" = "FLamm Ain't a Movie Maker."
決まった。

という感じでこういうアプリ名になりました。
Flammをよろしくお願いします。

Flamm - GIFメーカー

Flamm - GIFメーカー

  • Yoshito Watanabe
  • 写真/ビデオ
  • 無料