読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲み会という名の合コン

昨日飲み会行ってきた。
某ゲーム会社で働いている人の企画で、男5女5という感じだった。
女性陣は全然知らないし、男性陣も企画してくれた人以外は知らなかった。
こういうのを合コンという。
渋谷のコジャレたお店でやった。
女性陣も含めてみんなゲーム会社繋がりだった。
企画者が年上の人だからほとんど年上だったけど、一人女性で23,4歳の子いた。


合コン参加するの人生で2回目くらいで、チャラいイメージあるけど別にチャラくなかった。
企画者が気使ってくれて、席替えとかしたりして男女問わず色んな人と話した。
僕はもちろん若い子がいいから、その子と話してた。
顔が外国人っぽいとかメンヘラは嫌だとかそういう話。


終わった時間が23時とかでみんな次の日仕事あるから特に何もなく帰った。
企画者があとでみんなの連絡先教えてくれるということでその場では聞かなかったけど、未だに教えてくれてないのはどうなってるんでしょうか。


それで、横浜戻ってきてなんか不完全燃焼的な気持ちがあったから、よく行くバーに飲み直しに行った。
お客さんに2名女性が行たんだけど、そのうちの1人がそのバーで特定の曜日だけ働いてる子だった。
僕と同い年で、割とかわいい感じ。
マスターに合コン失敗したみたいな話してたら、その子がトイレ行くときに合コン失敗したんですか?って聞いてきて、余計なお世話な感じだった。
その子、最近彼氏ができたみたいだった。
社会は厳しい。
友達紹介してほしい。


結論としては研究室に籠って研究ばかりやってて、出会いが無いと言ってるのは言い訳に過ぎず、チャンスがあれば色々な会に参加するべきだと思った。
それで失敗しても勉強になることはある。
ここでもウメハラの考え方が役に立つ。
例えば、ライブ見に行くとかも一つの出会いがあるかもしれない。
30日にライブするから見に来たらいいと思う。