読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gitで使う基本コマンドまとめ

git add
git add . 現在のディレクトリ以下すべてのファイルをgitの管理下に置く
git add -u インデックス(最後にgit addした状態)から変更されているすべてのファイルの内容をインデックスに記録
git aad -A -uに加えて新しく生成したファイルもインデックスに記録。git add . && git add -u と同じ。
git add < file > ... 指定したファイル、フォルダの内容をインデックスに記録
git add -p 対話的にパッチを選択して変更内容をインデックスに記録
git diff
git diff インデックスに記録した状態(最後にgit addした状態)と、ワークツリー(まだインデックスに記録してない変更)の違い
git diff --cached 最新のコミットと、インデックスに記録した状態間の違い
git diff HEAD 最新のコミットとワークツリー間の違い

HEADというのが最新のコミットの状態を表していて、HEAD^が一つ前のコミット、HEAD~2(HEAD^^)が二つ前のコミットを表している。

git commit
git commit 現在のインデックスの状態をそのままコミット
git commit < file > ... インデックス関係なく、指定したファイルの変更のみをコミット
git commit -a ワークツリー中のすべてのファイルの変更をコミット

上記のコマンドは.gitignoreに書かれたファイルは対象外。

git rm
git rm < file > ファイル削除を行なって、ワークツリーからも削除される。普通のrmと同じく、-rオプションも付けられる。
git rm --cached < file > ファイルはそのまま残るけどワークツリーからは除外される。.gitignore書いた後にワークツリーに残ってしまっているファイルを削除するときなどに使える。